所属弁護士の紹介

Kishino Toshikazu

岸野 俊一

1984年生まれ
東京都武蔵野市出身
司法修習新第62期
東京弁護士会

経歴

2002年 3月立教新座高等学校卒業
2006年 3月立教大学法学部法学科卒業
2008年 3月京都大学大学院法学研究科
法曹養成専攻課程修了
2008年11月司法修習生(新第62期)
2009年12月弁護士登録(第一東京弁護士会)
竹川・岡・吉野法律事務所(現・岡綜合法律事務所)入所
2011年10月弁護士登録換え(東京弁護士会)
新都市総合法律事務所入所
2015年 8月新都市総合法律事務所パートナー
2002年 3月立教新座高等学校卒業
2006年 3月立教大学法学部法学科卒業
2008年 3月京都大学大学院法学研究科 法曹養成専攻課程修了
2008年11月司法修習生(新第62期)
2009年12月弁護士登録(第一東京弁護士会)
竹川・岡・吉野法律事務所(現・岡綜合法律事務所)入所
2011年10月弁護士登録換え(東京弁護士会)
新都市総合法律事務所入所
2015年 8月新都市総合法律事務所パートナー

所外活動等

  • 京都大学大学院法学研究科 非常勤講師(2016年4月~2020年3月)
  • 東京商工会議所杉並支部法律相談員〈東京弁護士会派遣〉(2016年4月~2017年3月)
  • 武蔵野商工会議所個別専門相談員(2014年4月~)
  • M&A支援機関(中小企業庁登録) 中小 M&A ガイドライン遵守に関する補足説明資料はこちら
  • 全国倒産処理弁護士ネットワーク

著書・論文等

東京弁護士会法友全期会編『遺言書作成遺言執行実務マニュアル』新日本法規【編集委員・分担執筆】
「文書提出命令の不遵守」中島弘雅・岡伸浩編著『民事訴訟法判例インデックス』商事法務(2015年)

弁護士からのメッセージ

弁護士登録以来、背伸びをせず、その時々で自分の持てる力を最大限に発揮することを心掛けながら、コツコツと経験を積み重ねてきました。一つとして全く同じ事案というものは存在せず、そのため、最善の解決方法も事案によって千差万別です。依頼者の皆様と信頼関係を築きながら、ご要望と私のこれまでの経験も踏まえて、何が最善の解決方法であるかを思案し、これを実現するために力を尽くして参ります。